両忘

2日目のこと。

翌日、18日。
台風13号は、昨夜のうちに九州を駆け抜け、天気は小雨混じりなれど回復。

お店の開店が正午ということで、午前中はhata坊、tatsuro、tuuzieと4人で豆田界隈をぶらつく。 豆田は江戸時代の豪商の町屋が軒を列ねる歴史的景観地区で、日田の観光スポットである。 湯布院のような混雑もなく、雰囲気のあるコーヒーショップや骨董店もあるので好きな場所だ。 もっとも、その日は土産物屋の前を通りかかったとき、 店員のおばさんにtatsuroが捕まってしまい(やっぱり...)、店内で味噌だ醤油だ羊羹だと、紙コップ、爪楊枝を差し出されまくる。
結局、ぼくも試食の味噌汁に負けて買うことに。 予定外の出費だけれど、日田のあわせ味噌はとてもとてもおいしい。 日田に来ると、鮎うるかか味噌か、どっちかをよく土産に買ってるし、まあいいやという感じ。

喫茶去に入り、コーヒーをいただきながら雑談。
ときどき訪れる常連のお客様を接客したり。

散会の時間が近づいてくると、友人たちから愛の駄目出しがちくちくと出てくるようになった。 「同じ傾向の作品が多い」「画面が小さいのがもったいない」「癒されない(むむむ...おおきなお世話じゃ)」。

どれも、もっともなコメントである。
大きい画面に描いてみたい気持ちは強く持っているけれど、無印の雑誌ノート(ほぼA4サイズ)に鉛筆で線を描きはじめて、 一年でなんとかここまでたどり着いた。小さい、小さいといわれても、いまはこれが精一杯。 画面が緻密な作品が大半をしめたのは、必死になって制作したからである。 がむしゃらになって、水深の浅いプールに頭から飛び込みまくっていた...みたいな感じだろうか。 いろいろいわれたけれど、一点一点の完成度には満足しているのです...。

今回は作品をパブリックなスペースに展示することで、自宅ではわからなかったサイズの感覚をつかむことが出来たように思う。 これはあなどれない収穫であって、実際にこっちに戻ってからの制作に影響を与えているように感じる。 これからサイズを大きくしたり、横長や正方形の画面にもチャレンジして、作品の幅をひろげていきたい。

蛇足ですが、癒しや、ゆるゆるになれるような作品も、描いてみたいのです。 動物や、さまざまな家族の絵。カンバセーション・ピース。...tatsuro、待ってろよ〜。

3時頃、hata坊とtatsuroが大分に帰った後、駐車場からぼぼぼぼという耳慣れないエンジン音が聞こえてきた。 川崎ナンバーのフィアット500。 ブログでお付合いのあるbetoriumbetorium photo)さんである。 大分から長崎、福岡と縦断旅行の途中、個展にも立ち寄っていただいたのである。 初対面なのに、まったくそういう気がしない...。というか、喫茶去で撮った写真を見ると、興奮してにやにやしてるし。 うれしかったんだろうな〜。なにせ、神奈川県から来ていただいたんだから...。 betoriumさんと合流したあと、フィアット(生まれて初めての左ハンドル車でした)に乗せていただいて佐世保へむけて出発。帰路についた。

というわけで、長々と個展のレポートを書いてまいりました。
気がつくと、今日28日で終了ということになる。

最後にこの場を借りて、個展に誘ってくださった喫茶去のcivaさん、搬入と搬出の手伝いをしてくれた友人たち、 作品を鑑賞してくれた方々、サイトやブログにコメントを入れくれた方々に、もう一度お礼申し上げます。 そして、個展の開催をよろこんでくれた父と母に感謝。

個展といっても、作品に値段がついたわけでも批評家が見てくれたわけでもない。 作家として活動している方の目には、個展というより「個展ごっこ」をしているようにしか見えないだろう。 素人同然の人間が一から展示を経験したごくごく私的な記録でしかないけれど、しかしながら、 ぼくはここから自分がどこまで進んでいけるか、自分自身を追いかけていきたいと思っている。 読み物としての価値はないが、レポートしておきたいという気持ちのほうが強かった。

ご容赦ください。

c0091055_172881.jpg

[PR]
by ksksk312 | 2006-09-28 17:31 | お知らせ、個展など