両忘

めっぽう面白い。

問題です。
「途轍もなく」と「途方もなく」。違いを述べよ。

読書をしていたら、このふたつが対句のように使われている文章に出くわした。
わざわざ対句にするくらいだから、本来は微妙に使い方が違うのだろう。広辞苑にあたったけれども、これがよくわからない。 轍はわだちのことであり、方は方角なのはわかったが...どう使い分ければいい? 言葉ってむずかしいな。

で、その本なのだが、米原万里さんの『オリガ・モリソヴナの反語法』という小説である。 ずいぶん話題になった作品ではあったけど、やはり期待どおり...おもしろかった!

ロシア語の翻訳で糊口を凌ぐ日本人女性志摩は、 1960年代、チェコのプラハ・ソビエト学校で出会った舞踏教師オリガ・モリソヴナのことが忘れられない。 グレタ・ガルボのようなオールド・ファッションに身を包んだ老婆は、当時すでに80は越えていたはずなのに、バレエを踊らせると天才的、 しかしながら指導はきびしく辛辣(題名の反語法とは、日本でいうところのほめ殺し)、言葉遣いも下品の極致、 あまりの個性の強さ故だれもが一目置く人物だった。志摩はオリガ・モリソヴナの強烈な印象が忘れられず、 ソビエト崩壊後のモスクワで生い立ちを調べはじめる。

スターリン政権下の大粛清がどんなもんか、教科書やテレビの映像での知識はあったが、これほどのものだったとは...。 オリガ・モリソヴナの過去が繙かれるにつれ、過酷な運命に翻弄される女性たちの生き様に言葉を失ってしまう。
フランクルの『夜と霧』ではないが、人間はなにをもってして生きのび得るのか、 なぜに人間はこれほどの極限状態でも生きたいという希望が持てるのか、辛辣な問いが散弾のように投げかけられる。

なんとオリガ・モリソヴナは、プラハのソビエト学校に実在した人物なのだという。 米原さんは彼女の生い立ちを調べてノンフィクションを書く構想を持っていた。 しかし資料がどうしても集まらず、小説を書くことにしたのだという。

ノンフィクションにならないから、小説を書く。普通、もの書きならそういうことはしない。 資料が見つかるのを根気強く待つか、あきらめるか...。 しかし、著者があえてそれをしなかったのは、過去を作り話にしてでも、 たくましく生きのびる女性の「真実」を書きたいという衝動を抑えられなかったからだろう。 オリガ・モリソヴナの過去は作り話かも知れないが、あの時代にこういう人物がいても不思議ではないだろうし、 ラーゲリ(収容所)でのロシアの女性たちの生き様にはこれっぽっちの嘘はない。

この物語でいちばん好きなのは、ラーゲリから生還を果たしたオリガ・モリソヴナが、恋人だったチェコの外交官と再会するところ。 モスクワの広場、歓喜に身を焼かれそうになるも、醜く老いてしまった自分の姿に気づき、男の腕に飛び込むことを躊躇ってしまう。 その引き裂かれるような苦悩とともに、彼女がチェコへ移住する動機もきっきり描かれていて文句なし。頁をめくる指が震えてしまう。

結末に出てくる、志摩と旧友とのあわただしくも感動的な再会も素晴らしい。 ひょっとするとこの小説には、人間が経験するありとあらゆる種類の別離と再会が描かれているのではないか。

通勤の行き帰りの2時間、居眠りばかりしている。 時間がもったいないので骨太の読み物を探していたのだけれど、 たまたま文庫の新刊で出会ったのが『オリガ・モリソヴナの反語法』である。 4〜5日かけてのんびり時間がつぶせればと思ったのだが、寝る間も惜しんで1泊2日、睡眠時間を失ってしまいました。

願わくば、この小説が海外に紹介されて映画化されることを望む。
『ソフィーの選択』を越えるよ、きっと。

c0091055_23333773.jpg

[PR]
by ksksk312 | 2006-11-29 22:57 | 読書美術音楽、etc