両忘

続・個展案内(在館予定など)

c0091055_21361168.jpg


志久洸介個展 〜詩人が描く抽象画〜

於・長崎・月の美術館
長崎市館内町5-24
095-823-3829
2007年01月19日(金)〜2月5日(月)
開館時間・木〜日曜日・午前11時〜午後5時
    ・月曜日・午前11時〜午後7時
休館日 ・毎週火・水曜

会場に駐車場はありません。

交通アクセス

バス・新地バスターミナル、湊公園前下車、徒歩5〜10分
市電・一番系統正覚寺下行き、築町下車、徒歩10分
JR・長崎駅下車、市電一番系統正覚寺下行き、築町下車、徒歩10分
車 ・高速長崎自動車道、ながさき出島道路、新地中華街の有料駐車場へ
   (新地中華街より徒歩10分)

会場までの道のり

まず、新地中華街、湊公園にたどりついてください。
旧湊公園交番の十字路を、「旧唐人屋敷跡」と書かれた朱色のゲートをくぐり進みます。なだらかな古い商店街が並ぶ坂道です。
3〜5分ほど歩くと、右手に古い市場(館内市場)と紅い中国風の門構えの史跡、土神堂が見えます。 そのまま坂道を上りますと、左手に福建会館という史跡があります。入り口を左手に見ながら、最初の角を左折します。
左手に福建会館の紅い壁づたいに、コンクリートの坂道を上ります。 上りきると、角に「月の美術館」の看板(小さいです)が見えます。石段を上った最初の二階屋が月の美術館です。お入りください。

詳しいアクセスは月の美術館、もしくは志久あてにお問い合わせください。

++

[about my work]

わたしの詩のテーマは衣食住、喜怒哀楽、ようするに普通に生きていることそのものです。 自分の人生に特別な体験はありませんが、言葉を磨き、固有のリズムを生み出すことによって、あたらしい発見があると信じています。

絵筆を取ってドローイングを始めたのは、生活のなかにポエジーを発見するというより、ポエジーそのものを創作してみたかったからです。 毎日、誰もがながめる夜空に、新しい星を発見するのが詩作だとすれば、ドローイングは、星を描いてみること、 新しい星座を構成することかも知れません。


[cocept for exhibition/2007 ]

ドローイング作品は、これまで描いてきたものの中から10点ほどを厳選し、展示いたします。すべて抽象画です。 詩作品は、未発表の新作、長崎新聞新春文芸入選作などの代表作を、楽しく読めるように工夫して展示します。 具体的には、日用品、ジグソーパズルのピース、その他オブジェなどを活用し、言葉をさまざまな媒体とコラボレートさせるつもりです。


作家、在館予定。
1月19日(金)、20日(土)、21日(日)。
1月27日(土)、28日(日)。
(27日は13時頃から、28日は11時頃から在館します)


事前にご連絡いただければ、平日も(休館日は除く)可能なかぎり在館いたします。 ご来場をお待ちしております!
[PR]
by ksksk312 | 2007-01-13 21:37 | お知らせ、個展など