両忘

<   2007年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

満月の日々

c0091055_1325437.jpg


More
[PR]
by ksksk312 | 2007-06-30 13:29 | 或る日

kafka

c0091055_21371421.jpg

鉛筆、木炭、水彩、コラージュ、B4再生紙
[PR]
by ksksk312 | 2007-06-28 21:39 | on paper '07

JOY

c0091055_21513473.jpg

鉛筆、木炭、B4再生紙
retouching by mac

More
[PR]
by ksksk312 | 2007-06-26 21:52 | by digital '07

collage

c0091055_21131122.jpg

木炭、クレパス、水彩、新聞、B4再生紙

More
[PR]
by ksksk312 | 2007-06-25 21:14 | on paper '07

無題

c0091055_22514548.jpg

木炭、クレパス、B4再生紙
retouching by mac
[PR]
by ksksk312 | 2007-06-24 22:52 | by digital '07

collage

c0091055_2382386.jpg

鉛筆、クレパス、修正テープ、新聞、B4再生紙
[PR]
by ksksk312 | 2007-06-23 23:08 | on paper '07

the Battle Ship

c0091055_21283787.jpg

c0091055_21285143.jpg

鉛筆、薬局の領収書

More
[PR]
by ksksk312 | 2007-06-22 23:20 | on paper '07

untitled

c0091055_2358236.jpg

コラージュ、B4再生紙
retouching by mac
[PR]
by ksksk312 | 2007-06-21 23:59 | by digital '07

引用/アリストテレス+シェーファー

c0091055_0523861.jpg


もうひとつ、『サウンド・エデュケーション』から。

++
education#64

ギリシャの哲学者たちは音に強い興味を持っていた。その興味は、単に思索的なものではなく体験的なものでもあった。彼らは実際に耳を働かせた。「問題集」の中に記されたアリストテレスによる次のような問いによってそのことはわかる--。

・夜になると音がよく聞こえるのはなぜか?
・新たにしっくいを塗った家の響きがよくなるのはなぜか?
・同じ水差しから注いでも水は湯に比べてかん高い響きになるのはなぜか?
・塩を火にくべると音が出るのはなぜか?
・あくびをしているとき音が聞こえにくくなるのはなぜか?
・家の中にいて外の音を聞くほうが、外にいて家の中からの音を聞くよりもかんたんなのはなぜか?
・ひとりがある音を出し、同時に幾人かがそれと同じ音を出しても、その全体の音がその人数分だけ遠くまで届かないのはなぜか?

「アリストテレス問題集・11巻」

アリストテレスの問いは今でも試してみることができる。たとえば、湯と水についての設問を実際にやってみよう。たしかに、現代の物理学はこうした現象を古代ギリシャの人たちよりもうまく説明できるかもしれない。けれども、環境を知るために自分たちの感覚を実際に使うという習慣こそが、古代ギリシャの人々の思考方法の特徴であり、それがまさにこの課題集で私たちがテーマにしていることなのだ。
++

More
[PR]
by ksksk312 | 2007-06-21 00:54 | 断片集

引用/R・マリー・シェーファー

c0091055_21111481.jpg


R・マリー・シェーファーの『サウンド・エデュケーション』という本を再読しています。シェーファーはカナダの作曲家で、世界各地の音風景の調査、音環境の提言などの活動で有名。この本は、音や音風景を新鮮に知覚したり設計するためのワークショップ問答集みたいなもの。聴覚のレッスン。おもしろくて、読むだけで癒される。

美術の専門書とかはほとんど読まないのに、こういう他のジャンルの本は好きで、意外にも制作(と、日々の生活)のアイデアを授かったりもします。

++
education#28
見ることのできない遠くの距離から聞える音を、
いくつ挙げることができるだろうか?

education#29
太った重たいものが出す、高くて細い音は?
小さくて細いものが出す、深くて重い音は?

解答例
[PR]
by ksksk312 | 2007-06-18 23:18 | 断片集